2018/06/01

新ライセンス(2) 既存ユーザーの移行、追加時

こんにちは、新ライセンスについての話が続きます。
今回は既にお使いのユーザーが新ライセンスに移行したい時、容量を追加したい時について書きます。

そのまま使い続ける時

何も変わりません。保守の更新も旧ライセンスの価格体系のままです。
以前からの価格で更新すれば、引き続き使い続けられます。ソフトウェアのアップグレードもOKです。

新ライセンスへの移行

実はそのままでは移行できません!
1TBでもいいので追加したタイミングで自然に(強制的に)新ライセンスへ移行されます。
既にお持ちのキャパシティライセンスの容量はそのまま引き継がれます。

旧ライセンスに容量追加

では容量追加をした時にどうなるか見てみましょう。

まず、旧VLライセンスはENライセンスに、旧HSライセンスはSTライセンスにそれぞれ変換されます。VLからST、HSからENは残念ながらできません。

そして、なんと移行されたタイミングで、旧VLライセンスで有償オプションだった機能(FCや階層化や非同期レプリケーションなど)が全てアンロックされて使えるようになります!!

旧HSライセンスも同様にST相当に機能が開放され、サーブできるホストの制限も全て解除されます!!


移行された時の保守更新について


機能の話と保守(サポート)契約の話はわけて考える必要があります。

たとえ機能的には前述のようにENライセンスになっても旧ライセンスの保守更新はそのままです。最初に書いたそのまま使い続けている時と一緒です。既存の旧VLや旧HSライセンスは引き続き、毎年同じタイミングで更新していきます。

下の図はVLライセンスを持っているところに、ENライセンスを20TB追加した例です。この時保守更新は2パターンあります。
  1. 追加分は追加した時のタイミングで更新する。元々ある旧VLライセンスとは異なるタイミングで保守更新が発生します。
  2. 月割保守(Prorated Supportなんて呼ばれています)も同時に購入して、次回の保守更新が旧VLライセンスと同じ月になるよう合わせる。
















文中に毎年と出てきますが、引き続きお得な複数年一括更新もあります!!

新ライセンスもよろしくおねがいします。





2018/05/15

新ライセンス(1) 基本的な考え方と以前のライセンスとの違い

こんにちは、新ライセンスについて順に説明していきたいと思います。
今回は以前のライセンスとの違いについてです。

以前はベースライセンス(サーバごとに必要)、キャパシティライセンス(管理する容量ごとに必要)、オプションライセンス(使用する機能ごとに必要)を組み合わせる必要がありました。また、キャパシティライセンス以外のそれぞれに対して保守契約が必要でした。複雑でしたね。

それに対して新ライセンスではベース、キャパシティ、オプションの組み合わせはなくなり、機能は全てコミコミ、ベース不要になり(考え方は残りますが個別のライセンスとしてはなくなります)、キャパシティライセンスのみになりました。













このライセンスは使用可能な機能が異なるエンタプライズ(EN)ライセンスとスタンダード(ST)ライセンス、そしてアーカイブ用途のラージスケール(LS)ライセンスの3種類にまとめられました。
FCかSMPAが必要な場合はENライセンスを選択して下さい。判断のポイントはたったこれだけです。3層構成かHCI構成かではありません。

新規購入時はライセンスに保守も含まれることになり、保守年数ごとに異なる型番がつけられました。STライセンスを例にとってみてみましょう。
DST-EWR-S12-001  DataCore Standard Model License plus 1-Year Support(1-9 TB)
DST-EWR-S36-001  DataCore Standard Model License plus 3-Year Support(1-9 TB)
DST-EWR-S60-001  DataCore Standard Model License plus 5-Year Support(1-9 TB)
こんな風にSKU自体が異なります。

また、それぞれのライセンスは容量が増えるにつれ単価が下がっていきます。
1年保守を例にとって見てみると表のような感じです。(価格は2018/5/15現在)











使えば使うほどお値打ちになっていきますね。
またこの容量の積み上げはシステム単位ではなく顧客(企業、組織)単位です。あっちでもこっちでも使って頂ければよりお得です!

最後に注意点を少しだけ。
  • この容量の積算はEN、ST、LSライセンスごとです。合算ではありません。
  • STやLSからENへのアップグレードパスはありません。
  • 追加時は追加後に計何TBになるかで価格テーブルが決まります。
次回は旧ライセンスの拡張や旧ライセンスからの移行について解説します。

2018/04/26

New CEO! New Logo! New License!

こんにちは、ブログ投稿を再開しました。

会社がこの2月に20周年を迎え、4月より様々な事が大きく変わりました!順にご紹介します。

  • New CEO & CMO

新しいCEOおよびCMOを迎え、これまで以上にビジネスを加速させていきます。
 
Dave Zabrowski
Chief Executive Officer


Gerardo Dada
Chief Marketing Officer

  • New Logo

ロゴが新しくなりました!既にお気づきかと思いますが、それに合わせてこのブログのデザインも変えてみました。いかがでしょうか?
画像セットはここのリンク先の下の方にある「DataCore Logos」をクリックしてダウンロードして下さい。

  • New License

そしてさらに4月より新しいライセンス体系に移行しました。
今までのVLライセンスはENライセンスに、HSライセンスはSTライセンスに、バルクストレージノードはLSライセンスになりました。
それぞれENはエンタープライズ、STはスタンダード、LSはラージスケールの略です。















ライセンスごとの違いはこの表の通りです。
ENとSTの差異は、FibreChannelとSMPAが使えるかどうかの違いだけですね。
LSライセンスは最低50TB~の性能がいらない用途向け(アーカイブやDRサイト)のライセンスです。

サーバごとのベースライセンス、機能ごとのオプション、管理容量ごとのキャパシティライセンスという考え方がなくなり、管理するディスクに応じた1TB単位の完全な容量ライセンスへ変わりました。

ポイントはザッと以下の通りです。
  • 表の各機能は全部込みです! 太っ腹!簡単!
  • 容量が増えるにつれて単価が安くなっていきます。スモールスタートのしやすさと拡張の柔軟性が増しましたね。使えば使うほどお得!
  • 保守年数は3年以上がお得です。これは今までどおりです。

それでは、心機一転また更新していこうと思います。

2017/08/29

弊社製品SANsymphonyに組み込まれている適応型パラレルI/O技術をわかりやすく説明している動画です。日本語字幕がありますので、ぜひ視聴してください。

https://www.youtube.com/watch?v=_vdGILW2M_M


2017/06/20

「クラウドへの移行を考えるときに組織が直面する課題とは?」

クラウド・ソリューションが注目されている昨今、オンプレミスの環境からクラウドへ既存リソースを移行するときの問題や注意点を、弊社CEOのジョージ・テクセイラが一般的に概説しています。
日本語資料ですので、ぜひご一読ください。



2017/04/25


【プレスリリース抄訳】本日レノボ社との協業を発表させていただきました。
Lenovo Storage DX8200Dはレノボ社のサーバーにSANsymphonyを搭載したSDSアプライアンスです。
ぜひご検討ください。
https://www.value-press.com/pressrelease/182149

(レノボ社のプレスリリース)
http://www3.lenovo.com/jp/ja/news/article/2017-04-25-01

2017/03/15

科学飼料研究所様の事例をプレス公開させていただきました。 皆様の課題解決の参考に、ぜひご一読ください。


https://www.value-press.com/pressrelease/179748

こちらでも同Case Studyを掲載しております。

http://bit.ly/2mHeTZ4